四季自然建築アトリエ
とうぎ建設 のリフォーム

新 築 をお考えの方へ


(メインページへ)

会社概要      外壁リフォーム     屋根のリフォーム     リノベーション(戸建・マンション)     水廻りのリフォーム     問い合わせ

リフォームTOP > 屋根のリフォーム

屋根のリフォーム

 

ご存知ですか?

屋根診断士、瓦屋根工事技師、屋根材施工士、etcetc・・・
世には、様々な屋根の資格があり、色々な屋根屋さんがいらっしゃいます。
屋根リフォーム屋さんは、屋根をつくる事を生業としてきた職人さんが多く見受けられます。
それ以外にはリフォーム業の方たちも屋根リフォームをしています。
しかし仕事の実態を見ると「ずいぶん簡単に考えてるなぁ」と思わずにいられません。

その理由ですが

「カラーベスト屋根の塗装がはがれたり、コケが生えたり、割れたりしてどうにかしたい」
というご希望があった時に、アスファルトシングルカバー工法を提案するケース。
(糊で防水材をカラーベスト屋根の上に直に貼る方法です)

「カラーベスト屋根をどうにかしたい」というご希望があった時に、
「カラーベスト屋根はアスベストが混入されていて、
剥がす時に石綿が飛び散る恐れがあるので解体せずに残し、上から合板を貼り、
その上に屋根材を葺く提案をするケース。

現状はこの二つがとても多いと思います。
今屋根を葺き替えるお家は、当社の平均で築
20年以上。
20年以上前というと、阪神淡路大震災前の建物です。
そのころに比べ地震力に応答する金物の質・量ともに大きくかわりました。

今の屋根をそのままにして上に新規屋根を作るということは、
既存の防水をそのままにするので、防水が
2重になり、より丈夫な屋根になります。
などとも言ったりします。

これは絶対に違う。

とうぎの結論はこうです。

「カラーベストは剥がし、下地を補強してからあらたに鋼板屋根を葺きましょう。」

理由は、

既存の屋根よりも重くしてはいけない。
建物は経年により強度が低下しています。
だから屋根を軽くし地震・台風に抵抗する力を増やします。

今より重くなる屋根を提案するなど言語道断。
アスベストについては今撤去するか、将来撤去するか、ただそれだけの違いです。
基本は有害なアスベストを早く取り除いた方がいいに決まってます。
もちろんアスベスト対策は、法にもとづき慎重に行います。

結論
屋根をなおすときも、建築全体を診ながら、どうすべきか考えなければいけない。

 

実際の施工例と計算例をご紹介します。

■金沢区能見台 S様邸

 

屋根の重さを変える事で変わる必要壁量計算】

既存の重い屋根の必要壁量の計算

必要壁量計算 階数

地震力に対する必要壁量(重い屋根)

  床面積   第2表の数値     必要壁量

1階

  91.12u   ×  33    =  3006.96cm

2階   64.17u   ×   21    =  1347.57cm

 

必要筋交量 階数

   耐力壁の種類   倍率    必要壁量              必要壁長

1階

  筋交 4.5 × 9      2      3006.96cm  ÷  2  = 1503.48cm

         91cm間に入る筋交いが 17本 必要

2階

  筋交 3.0 × 9      1.5      1347.57cm  ÷  2  = 673.785cm

     91cm間に入る筋交いが 8本 必要

 

軽い屋根に変えた時の必要壁量の計算

必要壁量計算 階段

地震力に対する必要壁量(軽い屋根)

  床面積    第2表の数値      必要壁量
1階   91.12u    ×  21     =  1913.52cm
2階   64.17u    ×  15     =   962.55cm

 

必要筋交量 階数   耐力壁の種類   倍率    必要壁量              必要壁長
1階

  筋交 4.5 × 9      2      1913.52cm  ÷  2  = 956.76cm

               91cm間に入る筋交いが 11本 必要

2階

  筋交 3.0 × 9      1.5      962.55cm  ÷  2  = 481.275cm

             91cm間に入る筋交いが 6本 必要

現実の筋交量・筋交寸法は調査しておりません。

地震力に限ってですが、S様邸において「重い屋根」から「軽い屋根」に葺き替える事により、
 必要壁量が1階では17本から11本に、2階では8本から6本に減ります。
 一階では筋交6本分丈夫になり、2階では筋交2本分丈夫になる。とも言い換えられます。

※建築基準法施工例46条に規定されている地震力に耐えうる壁量を割り出す計算です。
※建築基準法施工例46条では、風圧力の計算もします 。
   地震力と風圧力を比べ必要壁量が多い数字を扱います。 
※どれくらいの違いがあるかという、具体的な数値です 。
※軽い屋根にしたからといって、筋交いを抜いていい訳ではありません。

こういった手順・計算は、屋根・壁・内部のすべてでも一部でも、リフォームする時にすべきです。
経験や勘だけに頼らず、根拠のある計画・仕事が大切なのはいうまでもありません。
屋根屋さんは屋根を葺き替えることはできます。
しかし建物全体の負担や構造に関しては、知らなくても屋根の葺き替えはできてしまう。

私たち建築のプロと専業職(屋根・壁・リフォーム)の違いはここにあるのです。

 

 

S 様邸 屋根張り替え工事  お見積り


 

ジンカリウム鋼板

 工期 約 2 週間

 

  

  合計 2,695,086 円(税別)

 

既存屋根撤去
野地板増し貼り施工
アスファルトルーフィング施工
本体・役物
換気棟施工
壁取り合い納め板金施工
既存雨樋撤去
軒樋・たて樋・落とし口施工
廃材処分 アスベストモニエル瓦
その他運搬費

 



 




 
四季自然建築アトリエとうぎ建設犬好き工事店 | 仕事 | リンク | お問い合わせ | 採用情報 | MAIN Page