上鶴間本町の家kamiturumahoncho.sagamihara

  敷地は相模原市に新たに造成された、平坦な土地の一角にある。4周全てが開いており、東面は歩行者専用緑道もある。5角形をした台形で方位は45度振れている。4人家族のための家である。施主は田舎で土間のある暮らしに慣れ親しんできた事もあり、古いものを懐かしむ事も重要視していた。

コンセプトは土間のある和の佇まいと温熱環境の最適化風通しと光環境である。

 

風通しと光環境 97uの床面積に対して吹抜けは13uのボリュームである。吹抜けを熱・光・風をコントロールする装置とした。:真南に向け夏季・冬季共、日射熱のコントロールをした。:偏西風による西からの風、夏の南からの風も効率よく取り入れた。 :吹抜をプラン中央に配置し、各所に光を回した。

温熱環境の最適化:パッシブも含め特殊な床暖房を設置

和の佇まい:水屋箪笥・欅の整理箪笥・南部箒等と違和感ないような空間構成。

写真をクリックすると拡大されます 

所 在 地 神奈川県相模原市

主要用途 専用住宅

敷地面積 123.4u

建築面積 58.36u

延床面積 96.43u

構造規模 木造2階建

竣  工 2006年1月

撮  影 藤木一彰

Back

HOME